胃がんの症状は初期はがんと気付きにくはっきりした自覚症状が出る時にはすでに進行している場合があります。

日本人に多い病気 典型的な胃がんの症状
日本人に多い病気 典型的な胃がんの症状

胃がんの症状について

胃がんは日本人に多いがんでがん死の上位に上がる病気です。
死亡率が高いのは完治が見込まれない状態になるまでがんに気付かず手遅れになる場合があるからです。
胃がんの患者数は多いですが、ほとんどは健康診断で発見される初期の胃がんです。
初期の胃がんの場合、自覚症状があまりなく、治療で治る可能性が高いです。
初期の症状は胃の痛み、食欲不振といった胃炎の症状に似ているため見過ごされることが多いのです。
初期胃がんは進行がゆっくりで早期発見と治療を行えばその後元気に過ごすことが十分に可能です。

胃がんが進行すると胃粘膜の奥までがん細胞が増殖し、進行胃がんになります。
進行胃がんは進行が早く、周囲の臓器にあっという間に広がるので治療が難しくなります。
胃がんが進行すると吐血、下血、体重減少といった症状があらわれるので病気に気付くことになります。
進行胃がんになるとリンパ節や肺に転移し全身にがんが広がて命に関わってしまうことがあります。
胃がんを予防するためには定期的に健康診断を受けて胃がんを初期のうちに早期発見することが大切です。
胃がんは刺激の強い食品や喫煙が原因になることがあります。
塩分の多い物、香辛料、飲酒は控えることがのぞましいです。
胃潰瘍の原因になるピロリ菌も関係するとも考えられています。
このほかの特殊な胃がんにはスキルス性胃がんがあり、症状が出にくく検査でも見つかりにくい進行の早いのが特徴です。
若い人に発症しやすいとされています。

ウワサのこの話、調べるならココがおすすめ。



Copyright(c) 2017 日本人に多い病気 典型的な胃がんの症状 All Rights Reserved.