胃がんの初期症状と、胃カメラを受ける時の注意点、胃カメラ受けるときの使う薬品についての注意事項

日本人に多い病気 典型的な胃がんの症状
日本人に多い病気 典型的な胃がんの症状

胃がんの初期症状と胃カメラについて

胃がんを調べる方法にバリウム検査と胃カメラ検査があります。
最近では、胃カメラを簡単に受けられる様になりました。
そのため、初期症状の時期に受診して早期発見される胃ガンも増えてきました。
症状としては胸焼け、空腹時や食後の不快感、胃もたれ、吐き気などがあります。
胃カメラでは、怪しい箇所の組織細胞を取りに、検査に出します。
約2週間位で結果がでます。
さらに癌がどこまで浸透しているか深さや広さなどを細かく調べる専門の精密検査もあります。


胃カメラを受ける前日の夜9時以降は絶食です。
水やお茶は良いです。
朝も朝食抜きですが、コップ一杯の水は構いません。洋服は緩めを選びましょう。胃カメラは空気を入れながら受けるのでお腹が張ってきます。
胃カメラを受ける前に喉の麻酔があります。
これは歯医者で使う麻酔と同じキシロカインと言う薬品です。
これにアレルギーを持っている方はできません。また鎮静剤もあります。
これは任意です。
使うか使わないかは本人の希望です。
鎮静剤を使うのなら、帰りの運転はもちろんその日1日は運転が出来ないので付き添いをお願いするかバスやタクシーを使いましょう。また鎮静剤を使った場合は胃カメラ終了後、約1時間から歩けるぐらいになるまで専用の部屋に移動して休みます。
これで胃カメラ終了です。
胃がんと聞くと怖い様に思えますが、初期の場合だと完治できると言われています。

しかし、進行も早いと言われているので定期的に胃の検査を受けましょう。

ウワサのこの話、調べるならココがおすすめ。



Copyright(c) 2017 日本人に多い病気 典型的な胃がんの症状 All Rights Reserved.